とんぼ玉とは

とんぼ玉とは、穴のあいたガラス玉(ビーズ)のことです. 模様のついたガラス玉をトンボの複眼に見立てたため、「とんぼ玉」と呼ばれたといわれています. 江戸時代には青地に白の花模様のガラス玉を「蜻蛉玉」と呼び、それ以外のものは模様に応じて「スジ玉」「雁木玉」などと呼び分けていましたが、現在では模様に関係なく「とんぼ玉」と呼ばれています.
参照: フリー百科事典『ウィキペディア』

夢屋のとんぼ玉

夢屋のとんぼ玉の特徴は色。1つの玉に何色ものガラスを使っているところです.その色数も300色程あります.

ミルフィオリ(金太郎飴のように輪切りにした模様のガラス)を予め用意して作るのではなく、すべて手書き状態で模様をとかしこんでゆくので、模様が微妙に曲がっていたり、大きかったり…同じ物はありません. だからこそ、愛着がわき、大切にしていただけるのだと思っています.

 

メンテナンス(修理)

夢屋では購入いただいたとんぼ玉のストラップコード等の修理を無料にて承っております. 送料は別途必要となります. 紛失したパーツは購入願います.

とんぼ玉体験のページへ!