​安藤ひかり  hikari ando

​プロフィール

1962年    東京都生まれ

1968年〜吉加江 京司氏のもと、油彩画を学ぶ

1974年〜女子美術大学高校.短大.専攻科

(陶芸専攻)

(ニューヨークコーニング美術館)

(JAPAN GLASS ART SOCIETY)

1995/98/99 NEW GLASS REVIEW17/20/21 

1992年  東京ガラス工芸研究所卒業

1994年  現代ガラス展入選

2015年     この村でつくる(調布市文化会館)

2016年     パート・ド・ヴェール

 

(石川県立能登島美術館)

2016年     艶消しされたひかりたち

(志賀高原ロマン美術館)

1996年     日本現代ガラス展 (奨励賞受賞)

1999年  ガラスの美展IN薩摩 (鹿児島)

2008年     「手作りガラス電気炉工房」

(ほるぷ出版)協力

2019年     安藤 ひかり展

(青山 グラスギャラリーkaranis)

その他個展・展覧会いっぱい

​思うこと

作品を制作させてもらえる環境にいられることに感謝。

自然の中で暮らし,理解ある応援団に囲まれて。私にとって作品づくりはご飯を食べることと同じ。自然に触れることも特別なことではなく、あたりまえのこと。作品は自分の日常の身の回りのことから生まれてきます。だからネタ切れはありません。ひとつ作ると次から次へと作りたいものが湧いてきます。

制作する上で,一番大切なことは、「日々の暮らし」。山の中に住んでいて,のんびりとした感じですが自然の中から色や形、喜怒哀楽、なんでもかんでもよくばって感じ取るようにしていると、忙しいんです。私なりに。出会う人、今日やったこと、楽しかったこと、悲しかったこと・・・・私の周り全てのことが作品になってゆく面白さを感じます。何かを作らずにはいられない、こんな暮らしがきっと一生続いて行くことでしょう。人ごと・・・・?

あんた、もうちょっと頑張らなくちゃね〜と思う。